2018/09/09

外張り断熱工法のまさかの勘違い

建物構造体を外側からすっぽり断熱材で包んでしまう工法を外張り断熱工法といいます。屋根だけまたは外壁だけなど一部に断熱材を躯体の外側に施工したものは、ある程度の効果は得られますが、外張り断熱工法として大きな効果が得られるものではありません。

外張り断熱工法の大きな特徴は、建物構造体を外側からすっぽり断熱材で包むので、気密が良く室内環境が安定することです。屋根だけまたは外壁だけなど一部に断熱材を躯体の外側に施工する方法は外張り断熱工法とは言えません。
木造には外張り断熱工法が最適はこちらから。